その不動産査定は正確ですか?

不動産を査定してもらうとき、査定金額に不満を持ってしまったら? - 業者によって査定価格が違うのは?

業者によって査定価格が違うのは?

行ってもらった不動産査定の正確性が知りたいと思っているのであれば、知っておくべきポイントをしっかりと押さえておくことが大事です。
所詮は不動産はどのように評価されるものなのかといった専門的な知識を知らない素人なのです。
その素人が、ちょっと安すぎないかなと思ったとしても、プロの目からしてみれば妥当な査定額であったりもするし、逆にそれはないだろうというものも存在します。
ここではそのチェックポイントを紹介していきましょう。

査定は売却価格ではないこと

査定価格の正確性がどうだという前に、あくまでも査定額は、不動産業者の基準で調査した結果、大体このくらいじゃないのという不動産の1つの価値基準にしかなりません。
査定価格がそのまま売却価格になるのではありません。
あくまでも設定のための価格です。
売り手と買い手の合意があり、そこで初めて本来の売却価格は決定されます。
ですから、焦ってこれでは売れないから、この不動産業者はダメだなどと判断はしないようにしましょう。

大まかな査定価格ならネットで行える

大まかな査定である簡易査定であれば、簡単にインターネットを使った一括査定などで十分に把握することが出来ます。
そもそも、築年数や間取りなどのデータから得られる情報など、大抵の場合には一緒なのです。
問題は、訪問査定の正確さです。
訪問査定の場合には、過去の取引事例を参考に、あなたが持っている不動産に似たものを比較して、査定価格を決めるという方法。
また建物や一戸建ての不動産に行われる方法としては、原価法というものを参考にするパターンがほとんどです。
各不動産会社が何を参考にどのような方法で査定をするか分からない。
違っているからこそ、査定価格が違ってくるのです。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
Copyright(C)2016 その不動産査定は正確ですか? All Rights Reserved.