その不動産査定は正確ですか?

不動産を査定してもらうとき、査定金額に不満を持ってしまったら? - 査定額の正確さを追求するなら

査定額の正確さを追求するなら

不動産査定を業者に依頼し、その正確性はどの程度なのかを知りたいと思っている方は多いでしょう。
こういった方の場合には、不動産査定を依頼する前に注意すべき点をしっかりと押さえておく必要があります。
ここでは不動産査定の正確性を把握するための注意点について紹介していきましょう。

査定の種類を覚えておく

査定の種類には、簡易査定と訪問査定が存在します。
その名の通り簡易査定は、間取りや面積、築年数などで大体の査定を出す方法。
一方で訪問は、実際に担当者が不動産を見て、1時間から2時間かけてじっくりと不動産を内見し、査定をするのです。
当然に正確性でいえば、後者の方が上。
それにも関わらず、簡易査定の金額が上だというだけで、不動産業者を選んでしまう方もいらっしゃいます。
実際に見て、結局は一番販売価格を低く設定されたなんてケースも珍しくありません。
ですから、面倒かもしれませんが、訪問査定の依頼をし、より詳細な評価をしてもらった方が査定額は正確に算出されるのです。

不動産会社によって開きが出るのは当然

不動産査定の正確性を疑問視する方の多くは、やはり不動産業者によって、査定額がマチマチだからでしょう。
しかしながら、これは当然のことなのです。
なぜなら、査定方法が違っていることが多いから。
更に考え方などが、各不動産業者によって違っているからです。
こういったことを考えた場合、正確性よりも、自身の考えと似た価値観を持った不動産業者を利用した方が、売却をする場合にもメリットが高いと言えるでしょう。
そもそもこの考えが違ってくるのは、それぞれの業者の営業スタイルや、参考にする事例などの違いによって生じるものです。
ですから、なるべく自分の考えに近い業者を選択すべきなのです。

関連する記事

Copyright(C)2016 その不動産査定は正確ですか? All Rights Reserved.