その不動産査定は正確ですか?

不動産を査定してもらうとき、査定金額に不満を持ってしまったら? - 査定価格に影響する様々な要因とは

査定価格に影響する様々な要因とは

不動産を売却したいと思った場合、不動産業者に査定を依頼するものではないでしょうか。
その時に気になるのは、その正確性です。
不動産の価格がどのように決められているのか。
どのような要因が影響するのか。
これは一般の方では、あまり把握している方は少ないのではないでしょうか。
ここでは不動産の価値について紹介していきましょう。

一般的要因と呼ばれるもの

査定価格に大きな影響を与える条件として、一般的要因と位置づけられるものがあります。
これはどういうことかというと、地理的な位置がどこにあるかということです。
更に建築様式です。
これが古いものであったり、土地や気候に適していないものであれば、当然に価値が下がります。
また、税金の負担状況や建物そのものの構造的な問題や、防災に対して、現代のものに適応ができているかどうかなどです。

地域的な要因

他にも地域的な要因も査定価格に加味されます。
例えば不動産が立地しているエリアが、住宅エリアなのか。
それとも商業エリアなのかどうか。
近くに工場などがある工業や、田んぼなどが広がる農地エリアなのか。
こういった条件によっても、不動産の価値は違ってくることを覚えておきましょう。

個別的な要因

個別の要因というのは、交通施設との距離がどのくらいにあるのか。
他にも接道状況がどのようなものなのか。
更に地盤がどのような状態なのかなどが加味されます。
特に近くなどに工場があったり、以前に工場などがあり、土壌汚染などが認められた場合には、当然に不動産価値は、ガクリと落ちることになりますから、覚えておきましょう。

素人が知り得ない要因が沢山ある

このように軽く紹介しただけでも、面積や間取りといったもの以外にも、さまざまな評価基準によって決定されることを覚えておきましょう。

関連する記事

Copyright(C)2016 その不動産査定は正確ですか? All Rights Reserved.