その不動産査定は正確ですか?

不動産を査定してもらうとき、査定金額に不満を持ってしまったら? - その不動産査定は正確ですか?

その不動産査定は正確ですか?

不動産を売却しようとした場合でも、購入を考えている場合でも、その不動産の金額が妥当なものであるかどうかは気になるところではないでしょうか。
そこで利用するのが、プロの不動産業者などを使った査定というものです。
簡易査定や訪問査定などの種類があるものの、この作業を行わずに、売却価格を決定したり、されたりするのは、非常にマズイ話です。
そして査定を依頼した不動産業者が正しい査定を行っているのか分からないという方もいらっしゃいます。
こういった方が不動産鑑定を行ったりするわけですが、ここでは、不動産査定の正確性を確かめる方法を紹介していきましょう。

査定はあくまでも予測であること

まず気をつけて欲しいのは、不動産業者が行う査定というのは、必ずしも売却してくれる価格ではないということ。
あくまでも、このくらいで売れそうという目安にしか過ぎません。
そして不動産業者の販売力などの実力も、この査定には含まれないということです。
ですから、高額であればあるほどに、優秀な不動産業者と考えるのは大きな間違いですし、親身になってくれていると思うのも、大きな間違いです。
自社と媒介契約を獲得したいだけというケースも少なくありません。
媒介契約の中でも、専属専任媒介契約を獲得できれば、後は不動産業者しかその不動産を売却出来なくなります。
価格の設定に関しても、査定額よりも下回ったものでないと売れないと言われれば、それに合わせるしかありませんから注意が必要なのです。

不動産業者も商売でやっている

査定の正確性を論じる前に、不動産業者もボランティアであなたが保有する不動産の売却を仲介したり、買取してくれるわけではありません。
彼らはあくまでも自社の利益のために仕事として、それらの作業を行っているという前提を覚えておきましょう。
時には、人情味があり、親身になって相談に乗ってくれ、売却に対しても積極的に動いてくれる担当者もいるでしょうが、基本的には利益があるからこその話ということを忘れてはいけません。
どうしても自分のところと媒介契約をして欲しいから。
そのために親身になっているように一生懸命にサービスを提供してくれているのです。
なぜこういうことが言えるかというと、不動産売却した時に入る仲介料が大きいからです。
普通に考えても、例えば賃貸住宅の場合でも、家賃の一ヶ月分などが不動産手数料として取られていますよね。
賃貸ですらも数万円という単位の利益になるわけですから、不動産の購入ともなれば大きな利益が入るわけです。
上限は設けられているものの、400万円超の価格である場合、3パーセント+6万円ですから、2000万円の不動産の場合には、実に66万円の利益が出てくるわけです。

近年の仲介料ゼロ円ブーム

bfdtrhts
また、近年では仲介料ゼロというものを看板にして、不動産の購入者を募っている不動産会社も多く見られます。
これは、買い主に対してのアピールであり、なぜ仲介手数料がゼロになるかというと、売り主の負担にしていることが多いからです。
査定の正確性云々を考えるのも大事なのですが、こういった諸々の経費などを考慮した上で不動産の査定を行ってくれているのかも、大事なポイントになってきます。
実際はどのくらいで売却でき、手元にどのくらいの金額が残るのかまでを丁寧に説明してくれる不動産会社の方が、ただ単に他の不動産業者が出さないような高額な査定額を提示する業者よりも、信頼がおけるのです。

Copyright(C)2016 その不動産査定は正確ですか? All Rights Reserved.